北アルプスの立山連峰・雄山(標高3003メートル)の山頂手前にある雄山神社の
社務所で24日、35年前に設置された和式トイレの改修工事が始まる。
 登山者や参拝者には欠かせないトイレだが、長年地下の穴に堆積した汚物は
富山県の推定で約18トンに上り、「臭い」「汚い」などと不評だった。
登山シーズンが始まる来年7月には、水洗トイレに生まれ変わる予定だ。



>神社の佐伯睦麿宮司(47)によると、設置以来、汚物がくみ取られたことはないという。
ひょ~\(◎o◎)/!
そうなんだ。。。

山のトイレ、今までみたいに『協力金』とかってもカネ入れない奴らいるし
普通に使用料を徴収すればいいと思うけど、どうなんだろ?

スポンサーサイト



2012.09.24 / Top↑