水場を越えて、坊主岩小屋へ向かうあたりでいよいよ穂先が大きく見えた。
が!なんか、ガスってないかい??あのお昼頃までの青空はどこ行った??
ここで、下山してきた人から情報収集。
山頂への登山者の渋滞がひどく、まったく山頂に近づけないとか。
さーて、どうすっか考えながら登ろっと。

... 続きを読む
スポンサーサイト



2014.09.18 / Top↑
2005年 富士山
2006年 立山
2007年 白馬
2008年 北岳
2009年 奥穂
2010年 剱岳
2011年 南八ヶ岳
2012年 白山
と続いてきた、花火星人の夏山イベント。

2013年は槍ヶ岳の予定でした。

でも、2012年の年末近くに自分が癌に冒されていることがわかり
2013年2月に入院→手術。そしてその後の抗癌剤治療などもあり
2013年夏の槍ヶ岳は、体力的に諦めざるを得ませんでした。

そして、2014年夏。体調も完全に戻ったと実感できるまで回復し
満を持して、今年の夏は槍ヶ岳!だったんですけどねぇ・・・
今年の夏の天気は、とにかく酷いものでしたね。
7月にI氏と行った初の槍ヶ岳は、ガス&雨で槍穂高縦走の予定が
1泊槍ピストンに変更を余儀なくされ、2日にわたる行程の中で
槍の穂先が見えたのは、たった3秒!
しかも、ずっと花火星人の闘病を支えてくれた相棒さんと一緒に
山頂に立つはずだったのに、どうしても抜けられない仕事があり
一緒に行けずじまいだし。
そして、お盆に相棒さんと行った時には、悪天候撤退と
どうにも相性が悪かった槍ヶ岳。

ということで、とにかく今年は一緒に槍の山頂に立つというのが
我が家の最重要ミッションだったわけです。
二人で槍山頂に立つ事こそが、本当の意味での復活の証。

長い前置き終わり(^_^;)
が、本編もちょっと長くなりそうですが。


... 続きを読む
2014.09.18 / Top↑