黒禿の頭の方へは行きませんが、下りは時計回りで雪の尾根を周回します。
さぁ、ここからはモフモフのスノーシュー遊びです。
気温が下がったので、新潟県内とは思えないパウダースノー♪

... 続きを読む
スポンサーサイト



2018.01.14 / Top↑
あれだけ一日中雪と闘っても、やはり休日に晴れとなれば雪遊びしたいのが
まぁ、山ヤの性とでも言いましょうか。


週末はどこに行こうか検討していたら、どうも新潟県内も(特に魚沼方面)
そこそこいい天気なヨカーン!ということで、何度か行かれている
わらさんにガイドお願いして、小出の大力山へ。

メンバーは、花火星人とFuuさん、そして、これを撮っているわらさんの3人。
県内晴れるなら、わざわざ越境する必要無いもんね。
なんと、朝の気温は-10℃を軽く下回った新潟県内。でも風もないし晴れてるし
服装も上下ともソフトシェルで行けそうだ♪

... 続きを読む
2018.01.14 / Top↑
弥彦で雪崩、登山者死亡

山は、自己責任。もう使い古されてる言葉だけど、日本に根づくんだろうか。

被害者はお気の毒とは思うけど、被害者遺族が騒ぎ出さなきゃいいけどね。
まっとうな人間なら『家族がご迷惑おかけして、すみません。』と言うところだけど
昨今の文句言ったもん勝ちみたいな風潮に乗っかって、『管理者に損害賠償云々』とか
『封鎖しなかった方が悪い』とか言い出したら、もう弥彦登れなくなっちゃうよ。

花火星人は、山に安全な山など無いっていう意味で
『弥彦でも角田でも、死ぬ時は死ぬよ』ってよく使うけど
ホントにこういう事故があるとねぇ・・・

倒木の影響で、通行止めの措置がとられていた表参道登山道。
もちろん、歩けば歩けるだろうし『登るなら自己責任で』との表記だけど
実際に事故が起きれば、いろんな関係者に迷惑かかるわけだしなぁ。
山に行く以上、自分の身にもいつ降りかかってくるかわからないし
より一層のリスク管理が必要だと肝に銘じることとしましょう。

2018.01.14 / Top↑