もう山頂まで目と鼻の先です。
ただ、遮るもののない山頂稜線は強風が吹き荒れています。

気温は終日-10℃くらいです。

120320tng22.jpg
トマの耳到着!!!
後ろはオキの耳です。守門までではないけど
ものすご~く雪庇が張り出しています。

120320tng23.jpg
低い気温と強風で、山頂付近の木の枝はこんなんなってます。

120320tng24.jpg
オキの耳へ向かいます。
右側の雪庇の張り出しがわかるでしょうか。
マチガ沢や一の倉沢なんていう、いわゆる『魔の山』側です。
まぁ、落ちたらイチコロなのは冬に限ったことではありませんが。

120320tng25.jpg
振り返ると、トマの耳。

120320tng26.jpg
オキの耳~♪
花火星人とI氏の後ろに高~い雪の山が見えますが、これ巨大な雪庇です\(◎o◎)/!
二人の数メートル後ろには、もう地面はありません。
夏の山頂の写真と見比べてみて。
↑この画像の右側が、上の画像の花火星人の後ろということになります。
地面が無いのがわかるかな?

120320tng27.jpg
120320tng28.jpg
山頂からの眺め。ちょっと雲が出ちゃったけど。

120320tng29.jpg
-10℃&強風の中でお昼ごはんってのもムチャな話なので
肩の小屋まで下りてお昼にしましょ♪

120320tng30.jpg
春フェスにかんぱ~い\(^o^)/
サマーシーズンは管理人のいる有人小屋ですが、冬は避難小屋として
開放してくれてあります。なんとありがたい♪
小屋の中は、綺麗だし風もなく温かいし天国です(*^_^*)

120320tng31.jpg
でも、あまり寄る人はいなかったなぁ。ご夫婦一組と、あとはHTC一行のみ。

関連記事
スポンサーサイト



2012.03.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/1076-e056d897