花火星人的には、日帰りとしては最強の山となるでしょう…
ひたすら長大な尾根を歩いて、山頂を目指します。


朝いちの暗いうちから動き出したいので、現地前泊です。
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/1262-9b3ce13a