訴えによると、男性は2012年8月、イージートーンを通常の靴と認識して購入。
同9月にこの靴を履いて外出した際、階段でバランスを崩して転倒し、
首の骨を折るなどの重傷を負った。
男性は約1カ月入院し、筋力低下などの後遺障害が残った。


いつから日本は『言ったもん勝ち』みたいな国になっちまったんだか・・・
怪我はお気の毒としか言い様がないけど、こんなん言いがかりもいいとこでしょ。
>イージートーンを通常の靴と認識して購入。
>原告側は、同社には製造物責任法に基づき欠陥商品を製造した責任がある上

う~む。このテの靴はMBTなんかと同様に、不安定さが最大の商品価値なわけで
売り場にはそれを大々的に広告しているモノで、周知が足りないなどありえない。
しかも、製造ミスで靴底が不安定になっていたってわけじゃないから
もちろん、欠陥商品なんてことは通用しないでしょ。
だったら転倒する前に、履いて玄関を出た時点でおかしいな?って思うんじゃないの?
そのうち、転んだ階段があるのが悪いとか言い出しそうだな。
こんなので欠陥商品とか言いがかりつけられたら、メーカーはいい商品を
作ることができなくなってしまうよ。
2ドアのクルマ買って『乗り降りしにくいのは、ドアが2枚だから悪い。』とか言ってるようなもの。

関連記事
スポンサーサイト
2014.03.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/1728-4d5dd02e