ぉぃぉぃ、そっちは山頂方面じゃないんだけど。。。
景色に吸い寄せられていく、花火星人とI氏(^_^;)

140413kmd013.jpg
そりゃぁ、この絶景だもん。吸い寄せられるのも当然だよね。

140413kmd014.jpg
相棒さんもテンション上がってます!

140413kmd015.jpg
不帰オールスターと、これから向かう唐松岳山頂も見えています。

140413kmd016.jpg
もちろん、八方池は雪の下です。
去年の秋の八方池はこちら

140413kmd017.jpg
五竜&鹿島槍バックに、はしゃぎ回るヤツら。
いつものごとく、写真撮ってばっかでさっぱり前に進みません(^^ゞ

140413kmd018.jpg
下の樺を抜けて、いよいよ本格的な登りになってきます。

140413kmd019.jpg
っていうか、をぃ。いきなり本格的すぎるだろ(^_^;)
見上げると、そのまま後ろに倒れそうになります。

140413kmd020.jpg
こ~んな傾斜なんですわ。それでも楽しくて笑いが止まらないって、どんだけドMなん??

140413kmd021.jpg
急登のピークをいくつか越えながら、左を見ると段々と鹿島槍が
五竜の陰に隠れてきました。これは、山頂が近づいている証拠。

5MGP7854.jpg
ほうら、またこんなして撮ってるから足が止まってるし。

140413kmd022.jpg
山頂に人が見えますね~。尾根を登ってる人も・・・
ここから山頂まで、およそ1時間ってところだね。

140413kmd023.jpg
ど~ん!唐松&剱キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
登り始めてから3時間弱。唐松山荘の上に飛び出しました。
スタスタ歩くと、だいたいここまで2時間位で来るから、どんだけ立ち止まってんだ?
って話ですな(^^)

140413kmd024.jpg
前日の守門ほどじゃないけど、巨大な雪庇が張り出しています!

140413kmd025.jpg
無事、山頂到着♪
連チャンの花火星人が真っ先にヘバると思っていたら、なんと一番元気だったという・・・

関連記事
スポンサーサイト



2014.04.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/1748-a9156cdd