高谷池は、まだまだ深い雪の下。
この写真も、携帯のカメラ。デジイチで撮ってないし・・・orz

140504huy035.jpg
15分ほど休憩して、さぁ山頂アタックです!

140504huy036.jpg
積雪期限定!高谷池の上を歩いていけるので、ショートカットできます。

140504huy037.jpg
天狗の庭と呼ばれる湿原です。
ここも、積雪期限定のショートカット(^^)v

140504huy038.jpg
ここの天狗の庭、夏のお花畑や秋の紅葉の時など『天国ってこんなとこかも?』と
思ってしまうような桃源郷となります。

140504huy039.jpg
振り向くと、あのゴツイ岩々の山は妙高ですね♪

140504huy040.jpg
軽い目眩をおぼえる、山頂への直登(^_^;)
ここまでは、稜線の西側をトラバース気味に登ってきたので風もあまりなかったけど
この先、稜線に出ると遮るものが何も無いので、だいぶ風がありそうだ・・・

140504huy041.jpg
思った通り、かなりの風になりました。ソッコーで、ジャケット着用です。
ジャケット着ないと凍えてしまいます。手も、薄手の手袋ではかじかんできました。
雪の山では、こういうことを面倒臭がってはいけません。

140504huy042.jpg
山頂に向けた、最後の急登。写真ではあまり急に見えないけどね。
こないだの唐松岳の、丸山ケルンへ直登する登りと同じくらいの斜度か。
距離は1.5倍くらいありそうだけど(汗

140504huy043.jpg
でも、景色眺めながら一歩一歩登ればそれほどキツくないような・・・

140504huy044.jpg
高谷池を出発して1時間40分、無事に山頂到着です!!!
普段はタフな相棒さんも、足に重り(アイゼン)を着けての長時間の登りは
けっこう辛かったようでグロッキー気味でしたが、山頂着けば笑顔満点です♪

140504huy045.jpg
テンション上がりまくりの花火星人♪
正直言って、冬装備の重量背負って登りきれるのか不安もありました。
数年前、秋にテン泊道具20㌔背負って登った時はフラフラになりました。
でも、今回は『火打って、こんな楽だったっけ?』って感じで
メンバーに迷惑かけずに登りきれて、喜び爆発です!!

140504huy046.jpg
12㌔背負ったままでは、あまり飛べませんがwww

140504huy047.jpg
これも、年賀状に使えるかな~♪


4につづく


関連記事
スポンサーサイト



2014.05.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/1767-07d08467