鳥海湖の向こうに、こんもりした鍋森、そしてこないだ行った笙ヶ岳

150705ckz024.jpg
ついつい見惚れてしまうよね。

150705ckz025.jpg

150705ckz026.jpg
この人は、実質的には初みたいなもんだからね(^_^;)
去年の秋は、まったく山頂見えなかったから。

150705ckz027.jpg
いぇ~い。足が進まないぜぇ~

150705ckz028.jpg
最近、やたらとフレームインしたがるんだよな、こいつ

150705ckz029.jpg
鳥海山のポーズ/(^^)\

150705ckz030.jpg
ちょっと早いけど、ニッコウキスゲがかなり咲いてる~(*^_^*)
でも、大量に蕾があってホントの満開はこの週末あたりか?

150705ckz031.jpg
イチゲ畑~♪

150705ckz032.jpg
もっともっと黄色く染まるんだろうね~

150705ckz033.jpg
チョウカイアザミと思われ

150705ckz034.jpg
またイチゲ畑~♪と青空

150705ckz035.jpg
お~い!!

150705ckz036.jpg
七五三掛の分岐から先は、千蛇谷方面を行きます。
なるべく短いコースタイムで山頂直下に着きたい理由があるのです。

150705ckz037.jpg
千蛇谷へ向けて、激下りです。

150705ckz038.jpg
万年雪の千蛇谷雪渓。秋になっても残ってるからね~

150705ckz039.jpg
殆どの人が、雪渓をトラバースして対岸の夏道にあがるんだけど
御室小屋直下まで雪渓を登りつめることにしました。

150705ckz040.jpg
GPSでの現在地は、確かに雪渓の上ですね。

150705ckz041.jpg

150705ckz042.jpg
ガチガチに凍ってるわけでもないし、斜度もそれほどでもないから
アイゼン等の滑り止めは、特に不要です。
少なくとも、新潟の山やにはね。

150705ckz043.jpg
終わりに近づくにつれて、斜度が急にはなってくるけどね。

150705ckz044.jpg
早めに登りきりたかった理由はコレ!!
山頂直下で、草加チームが待っていてくれました!!!
無事お会いできてよかった\(^o^)/
彼らは、前日栗駒山に登ってその晩は登山口の鉾立山荘泊。
夜明けとともにスタートしていたのです。なんとか間に合った!

150705ckz045.jpg
そして、合流するなり記念撮影(^_^;)

150705ckz046.jpg
そして、彼らは外輪経由で下山していきました。
山を下りてから、6時間かけて草加まで帰るわけですからね~\(◎o◎)/!
またお会いしましょうね(^^)v



もう少し続きまっせ。

関連記事
スポンサーサイト
2015.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2157-4c51c204