ロシア内務省は7日、危険なポーズでの「自分撮り(セルフィー)」の最中に
悲惨な事故に遭う人が相次いでいることを受け、自分撮りを安全な方法で行うよう
呼び掛ける運動を開始した。


首都モスクワ(Moscow)では今年5月、21歳の女性が銃を構えて自分撮りをし、
誤って自分の頭を撃つ事故が発生。女性は頭部を負傷したが、一命を取り留めた。

また同月にはリャザン(Ryazan)州でも、10代の若者が鉄道橋によじ登って
セルフィーを撮ろうとして送電線に触れ、感電死する事故があった。

1月にはウラル(Ural)連邦管区で、若い男性2人がピンを抜いた手りゅう弾を持って
セルフィーを撮ろうとしたところ、手りゅう弾が爆発し死亡。自分撮り画像が保存された
携帯電話が、記録として残った。


え~と。。。
セルフィー以前の問題では?と思うのは花火星人だけですかね??

関連記事
スポンサーサイト
2015.07.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2160-d0cceab2