朝の関越道から見た、越後三山

あれ?2014年に行った時も『絶壁と絶景の荒沢岳』だったような・・・

160604asd001.jpg
今シーズン3回めの、Haokotti&花火星人山行。
ここで待ち合わせして、花火星人のクルマで登山口に向かいました。

160604asd002.jpg
登山口の駐車場。今回会った登山者は、この方1人だけ。
何台か停まってたけど、裏三山縦走?または、伝之助小屋の宿泊者??

160604asd003.jpg
AM6:30、出発

160604asd004.jpg
緑が眩しい急登をゆきます

160604asd005.jpg
荒沢岳を捕捉

160604asd006.jpg
木々の間から、越後駒ヶ岳

160604asd007.jpg
ダイナミックな樹

160604asd008.jpg
奥只見湖方面。季節によっては、大雲海&滝雲が見れます

160604asd009.jpg
足元に目をやれば、珍しい2輪のチゴユリ

160604asd010.jpg
近くなって・・・る?

160604asd012.jpg
前嵓が近くなってきました。

160604asd011.jpg
初の荒沢岳に、大興奮のHakottiさん

160604asd013.jpg
見上げれば、Blue&Green

160604asd014.jpg
前嵓下で、これから始まる鎖場に備えてヘルメット着用。
普段あまりしないけど、今回は手袋も装着。

160604asd015.jpg
しばらく、鎖の連続となります

160604asd016.jpg
写真じゃなかなか伝わらないけど、ほぼ垂直です。

160604asd017.jpg
基本的にはガイドの花火星人が前を歩きましたが、この少し手前で前後交代。
その訳は、この視界が開けた瞬間の景色を先に見せたかったから。
Hakottiさんの目の前に広がる景色は・・・・・

160604asd021.jpg
前嵓の壁。大迫力で迫ってきます。

160604asd018.jpg
枝折峠に続くR352(工事のため通行止め)と、駒ヶ岳に繋がる長い尾根

160604asd019.jpg
守門、浅草岳

160604asd020.jpg
駒~♪

160604asd022.jpg
標高が上がり、奥只見湖が奥まで見えてきました。

160604asd023.jpg

160604asd024.jpg
此処から先が、今回の核心部。気を引き締めて、気合入れて参りましょう。

160604asd026.jpg
壁に向かって一旦下りきると、シラネアオイが出迎えてくれました。

160604asd027.jpg
若干斜め気味に登っていきます。これがいやらしい。。。
登りはともかく、下りは鎖なしでは無理だね。


もうしばらく、気が抜けない鎖場が続きますよ。

関連記事
スポンサーサイト
2016.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2389-e2dc84ff