オランダ・ハーグにある常設仲裁裁判所がきのう、南シナ海の問題について判決を下した。
中国が唱えるこの海域での権利を認めないと結論づけた。

国連海洋法条約にもとづく正当な司法手続きの結果である。自国に不利でも受け入れねばならない。
それが国際社会の一員として当然の選択だ。


そもそも、当事国同士の話し合いでは埒が明かないから
仲裁裁判所に委ねることになったんだろが。
国際法秩序を守らないということは、国際社会から孤立していくわな。
各国の高速鉄道建設工事でも、いい加減の極みみたいなことしてるし
どこからも相手にされなくなる日も近いんじゃないの?
KはKで、竹島問題に飛び火するんじゃないかとビクビクしてんだろな。

関連記事
スポンサーサイト
2016.07.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2417-277a2cac