実は、予報からの判断で自分の中では9割がた中止のつもりだったんだけど
それを伝える前にI氏が花火星人を迎えに、向かってきちゃってさ(^_^;)
で、移動中に『もっと北の方が晴れるんじゃね?』っていう事で
秋田駒へ向かうことにした(花火星人アジトから5時間超!!しかも日帰り予定)

160919cks001.jpg
向かう道々はずっと雨降ってるし~とか思ってたんだけど、なんとなんと!
近くまで来たら『どうせガスって何も見えないだろ』と思っていた鳥海山が、
まるで我々を手招きしているようにスッキリと見えてる!!
『やっぱ、予定通り鳥海山にする?』と、吸い寄せられるようにR7から鳥海ブルーラインへ。

160919cks002.jpg
鉾立の駐車場に到着。山頂にガスがかかるそぶりもない(*^^*)

160919cks003.jpg
今回はI氏と二人。行くぜぇ
でも、この時点でも『降ってきたら帰ろうかな』なんて思っている(^_^;)

160919cks004.jpg
深い奈曽渓谷の遥か向こうに、山頂が聳えています。

160919cks005.jpg
賽の河原

160919cks006.jpg
御浜小屋への登り

160919cks007.jpg
リンドウがたくさん

160919cks008.jpg
草紅葉

160919cks009.jpg
1時間半弱で到着だから、まぁコースタイムより少し早いくらいか

160919cks010.jpg
寒い心配はしていたけど、いや~暑い暑い(汗
もう、腕まくりどころか完全に半袖。

160919cks011.jpg
チングルマの紅葉。

160919cks012.jpg
先月に行った笙ヶ岳の方は、ガスがかかってるね

160919cks013.jpg
御田ヶ原付近。ここの景色、けっこう好き(*^^*)

160919cks014.jpg
それなりに紅葉も楽しめるし

160919cks015.jpg
分岐に向かって、けっこう下る

160919cks016.jpg
七五三掛。

160919cks017.jpg
ここから、少し新しいルートに道がついています。
たぶん、千蛇ヶ谷との分岐への道が危険ということなんだろうと思う。
花火星人自身、このルートで唯一の危険箇所だと思ってたからねー

160919cks018.jpg
岩と紅葉

160919cks019.jpg
登りは、千蛇ヶ谷ルートとしました。

160919cks020.jpg
なんと!この時期に雪を踏めるとは!早ければ、もうひと月もすれば降りますから

160919cks021.jpg
右手には、外輪山の絶壁が続きます。

160919cks022.jpg
雪の残る時期にはず~っと雪渓を登れるので、すごく早いんですけど

160919cks023.jpg
空が青くなってきた!!

160919cks024.jpg
平らという意味ではないけど、歩きやすいコースです。

160919cks025.jpg
I氏のブーツ(GARMONTのピナクル)と、紅葉がバッチリ合ってる

160919cks027.jpg
振り返ると、歩いてきた道がよく見える

160919cks028.jpg
小屋の屋根が見えた!

160919cks029.jpg
こないだの黒姫山でも見た、シラタマノキ

160919cks030.jpg
山頂直下、小屋前の広場に到着しました!
登り始めから3時間半だから、ペースとしてはまずまずだね。

160919cks032.jpg
腹減ったし喉も乾いたので、山頂行く前に宴会開始~♪

160919cks033.jpg
ツマミは、大好きな岩塚製菓

160919cks031.jpg
ランチは、新しいカレーメシ!今までのは電子レンジ調理だったから山では食えなかったけど
ついにお湯で調理できるようになった!!

160919cks034.jpg
中身~

160919cks035.jpg
出来上がり。普通にウマイっす。
花火星人の山食定番になりそうな予感。

160919cks036.jpg
さ、せっかくの天気だし新山山頂に向かいましょう。
ザック置いていこうかと思ったけど、下山は外輪へ行くことにしたので
荷物背負って、こっちから登ってあっちに下りれば効率いいかなと。

160919cks037.jpg
いつもながら楽しい岩登りです。

160919cks038.jpg
振り返れば、こんな景色♪

160919cks039.jpg
一回ガツッと下って、岩の間を抜けていきます。
地震来ないでくれよと願いながら・・・


つづく


関連記事
スポンサーサイト
2016.09.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2469-ee0e3a3b