さぁ、ここを登り切れば山頂(大岳)です。

170312smn031.jpg
広大な雪原のような、大岳山頂に到着しました。
のんびりと4時間ペースだったつもりが、着いてみれば3時間半弱。
I氏に宴会場の設営をお願いしました。

170312smn032.jpg
青雲~袴方面

170312smn033.jpg
粟ヶ岳も、この時期に行ってみたいなぁ。

170312smn034.jpg
まぁ、何はなくとも乾杯でしょう♪

170312smn035.jpg
新製品(^^)

170312smn036.jpg
右の遠くに見える真っ白い山は、飯豊ですね~

170312smn037.jpg
太陽の周りに、日暈

170312smn038.jpg
人が蟻ん子のよう。
けっこう雪庇の近くを歩いてる足跡がありますね~
まぁ、花火星人も初めての大雪庇の時はこんなこと←してたけどね。
もう、怖くてできね~

170312smn039.jpg
尾瀬の燧ヶ岳。こんなに近くに見えたっけ??
その左にピョコっと出てるのは、日光白根山ですね~

170312smn040.jpg
岩塚製菓のNewアイテム。

170312smn041.jpg

170312smn042.jpg
雪庇を飛び越えろ!!


170312smn043.jpg

170312smn044.jpg
下山前に、三人で山頂写真撮って。

170312smn045.jpg
袴の山頂にも、けっこう人がいますね~

170312smn046.jpg
この景色を眺めながらの、贅沢な下山です。

170312smn047.jpg
妙高火打~♪
行かんきゃなぁ(*^^*)

170312smn048.jpg
うおぉ~\(^o^)/

170312smn049.jpg
ホントに、走り出したくなる斜面なんすよ

170312smn050.jpg
こうして、どこでも歩いていけるのが雪山の魅力でもありますな~

170312smn051.jpg
東洋一の小雪庇w

170312smn052.jpg
自分が跳ね上げた雪が、追い越していきます。

170312smn053.jpg
いつまでも歩いていたいよね~

170312smn054.jpg
どんどん晴れてきた

170312smn055.jpg
ひこーき

170312smn056.jpg
樹林帯に入っていきます。
案外気温が上がっていないようで、枝の雪もけっこう残ってるね。

170312smn057.jpg
おとぎの国にまた入っていきます。

170312smn058.jpg
ひこーき2

170312smn059.jpg
どこでも歩き放題ですが、だんだん雪が重くなってきました。


つづく。

関連記事
スポンサーサイト
2017.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2597-bae1d52a