強い人でした。

同じ『癌』という病を患った者としては、もうとも呼べるレベルです。
彼女の綴ったブログを拝見して、多くの人が勇気づけられてチカラをもらったことでしょう。
花火星人も同じように告知から入院手術、そして抗がん剤治療とブログ書いてましたが
彼女のような高尚なモノではなく、花火星人の場合はただの愚痴のはけ口だったかなぁ。
あとは、ブログで文章にすることでなんとなく第三者的な視点で見ることができて
実は他人事のような、現実逃避(?)出来るようなそんな気がしてたから。
そして、花火星人が辛くて愚痴った記事に対しての暖かいコメントで、どれほど救われたか。

自分はあんなに強くはなれないけれど、それでも生きている。生かされている。
最近少しずつ忘れつつあるけど、当たり前のことなど無いということ。
健康で生きていることそのものが奇跡であることを、もう一度噛み締めながら
花火星人は生きていきます。
関連記事
スポンサーサイト
2017.06.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2682-6ae5f0fd