「世界中のがん治療の統計によって導き出された最も有効とされる治療のガイドラインでは、
切除(手術)・薬物・放射線治療が『標準治療』の3本柱とされています。
程度の差によって、これを組み合わせていくのが治療の基本です。
ところが、ネットなどに膨大な医療情報があふれている現在では、この標準治療を
“最低限の治療”と誤解している人も少なくない。お金さえ出せば、
ゴッドハンドと呼ばれる医師の元を訪ねれば、別の“特別な治療”を受けられるのではと考え、
いつまでも治療方針が定まらないケースもあるのです」


麻央さん本人も、そして周りの家族も、藁にもすがる思いだったであろうことは
簡単に想像がつきます。
花火星人の場合はというと、『癌と告知された』ということを幼なじみの看護師に相談したら
彼女は花火星人に強くこう言いました。『決して、自分の癌の事をネットで調べない事』と。
曰く、『ネットにはあまりにも情報が氾濫していて、それを精査するのはあまりに難しい。
しかも、自分にとっていい事と悪い事と両方あるにも関わらず、ココロが弱っている時には
悪い事ばかりがどんどんココロに流れ込んできて、弱ったココロをさらにえぐられてしまい
病気に立ち向かう為の気力まで奪われてしまうから』と。
『そんな事を調べなくても、花火星人が入院する病院では間違いなく正しい治療が受けられるから
主治医を信頼して、病気に立ち向かえ』と。

今にして思えば、このアドバイスはホントに助けられたなぁと思っています。
実は花火星人、今でも自分の病気をネットで見たりはまったくしてないんです。


もちろん、花火星人と小林麻央さんとはまったく状況が違うので何とも言えないし
その時その時に何が正解なのか?というのはわからない事も多いですよね。
ただ、一つだけ言えるのは定期的に健康診断は受けましょ。
で、再検査の項目があったら、『忙しい』とか『休みづらい』とかを言い訳にせず
きちんと再検査を受けましょう。仕事と自分のカラダとどっちが大事ですか?
もちろん、再検査でもわからないこともあるかもしれませんが、受けないよりはいい。
癌じゃないにしても、早期に病変が見つかれば治癒率も全く違うはずだしね。

関連記事
スポンサーサイト
2017.06.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2685-77a03653