先日の勤労感謝の日も晴れなかった。
そして、この週末も嫌がらせのように新潟県の上にはどっかりと雨雲。。。

まぁ、トンネル抜けるしかないわけですよ。

171125kmc000.jpg
関越道月夜野ICを下りて、高山村へ。
11/5に小野子三山行った時にも寄った道の駅で、トイレ休憩
トンネルの先は、正に別の国ですな~

171125kmc001.jpg
干し柿からの~小野子三山

171125kmc002.jpg
いくつか登山口があるんだけど、天文台からではあまりにお手軽すぎるってのもあって
子持神社の先の林道からスタート
今回のメンバーは、相棒さん、Ngさん、Fuuさん

171125kmc003.jpg
ヤマレコなどで事前に調べてはおいたんだけど、この先は林道崩落などのため通行止め
ホントは、もう少し先までクルマで行けるんだけどね。

171125kmc004.jpg
これだもん\(◎o◎)/!そりゃ、通行止めだわ。

171125kmc005.jpg
隣の山だけあって、なんとなくこないだの小野子山に似てる雰囲気

171125kmc006.jpg
登山道に散乱してる鳥の羽根。肉食獣(?)に食われたんでしょうなぁ。
この羽根の模様は、ヤマセミだろうか?
鳥のセンセイに聞いたところ、どうやらアカゲラのようです。

171125kmc007.jpg
樹林帯を抜けて展望が開けると・・・
なんと!富士山キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
まさかこの標高の山で富士山見えると思ってなかったから、超テンションアップ!!

171125kmc008.jpg
電波塔。
なんか、今年何回かこの反射板のある山に行ってるなぁ。

171125kmc009.jpg
電波塔の先の獅子岩へ寄り道。
あ!Fuuさんの顔消し忘れた!画像小さいから大丈夫だよね?

171125kmc010.jpg
鎖ingハシゴ

171125kmc011.jpg
早池峰山のようなハシゴですよ。

171125kmc012.jpg
獅子岩のてっぺん!

171125kmc013.jpg
下りは、登りの何倍も注意が必要です。

171125kmc014.jpg
獅子岩の上から、目指す山頂を望む。奥のピークが子持山山頂と思われます。

171125kmc015.jpg
途中のピークから、振り向いて獅子岩と富士山。
獅子岩の上に、ちょうど人がいますね~

171125kmc016.jpg
ずっと花火星人が先頭で歩いてきましたが、順序入れ替え。
さぁ、山頂が近いようですよ。

171125kmc018.jpg
約2時間半で、無事に山頂到着です!

171125kmc017.jpg
実は、かなりの展望のお山なのです@子持山

171125kmc019.jpg
皇海山や日光白根方面

171125kmc020.jpg
これは、関越道を挟んでお隣の赤城山

171125kmc021.jpg
谷川連峰は、さすがに白いね~

171125kmc022.jpg
こちらも真っ白な浅間山。その右は四阿山かな

171125kmc023.jpg
今回のランチは、Newアイテムのこれ。
う~ん。。。わりと普通かな(^_^;)

171125kmc024.jpg
そして、相棒さんのNewギア。
なかなか使い勝手がよろしいようです~

171125kmc025.jpg
山頂はかなり気温も低くて少し風もあって寒いので、宴会を早めに切り上げて下山。
ちょっとルートを変えて、大タルミ経由

171125kmc026.jpg
落ち葉が敷き詰められた激下りの道。注意して参りましょう。

171125kmc027.jpg
獅子岩が見えた。あの上に行ったんだよ~

171125kmc028.jpg
いたるところにこの看板。今年は木の実が豊富であまり郷には下りてこないようだけど
山は彼らの棲家ですからね~。

171125kmc029.jpg
下山に使ったルートは、展望はないけれど季節を感じる歩きやすい道でした。
登りだと、展望無くてちょっと気が滅入るかな?

171125kmc030.jpg
無事下山。下りは1時間半ほどでした。
わりとゆっくりめなスタートかと思いましたが、花火星人一行のあとから
けっこうクルマが増えてました。

今回、わりと思いつきで子持山を選択したんですが、いや~なかなかどうして!
とても素敵な初冬のお散歩でした♪気に入りました。

関連記事
スポンサーサイト
2017.11.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2800-975c671f