3/11
広く晴れ予報。数ある晴れそうな山の中から、選んだのは谷川岳隣の白毛門。
雪を纏った一ノ倉の大岩壁を眺めたくて。


関越道を走っていると、新潟県内も快晴で魚沼三山もバッチリ。
いやが上にも、晴れの期待が高まるってもんですな~(*^^*)

180311sgm001.jpg
って、おい!関越トンネル抜けたらどん曇りじゃね~かよ・・・orz
いつもと逆じゃん!どうなってんの。。。?
これから向かう谷川岳方面、なんにも見えないし(T_T)

180311sgm002.jpg
今回の起点、土合駅にクルマを停めるべく早めに到着したつもりだったけど
すでに満車で、路駐することに(^_^;)
なるべくご迷惑にならなそうなところを探して停めましたが。

180311sgm004.jpg
本来、この先が駐車場になっていてその先に登山口があるんですよ。

180311sgm005.jpg
今回のメンバーは、相棒さん、リーナさん、Fuuさん。
そして、一人で谷川岳の予定だった草加チームのUmさんをお誘いしましたが
草加から電車とバスを乗り継いで来るため、まだ到着していません。
新潟チームは先に登り始めて、Umさんは1時間半遅れて追いかけてくることになります。
※後に、このことが奇跡を呼ぶことになるわけですが、それはまた後ほど。

180311sgm006.jpg
本来の登山口あたり。
谷川連峰馬蹄形の起点(または終点)となります。

180311sgm007.jpg
ここ、怖かったよ~!足を滑らせたら、冗談抜きに川にドボンですから(汗

180311sgm008.jpg
相変わらず空は曇天だけど、一瞬青空と谷川岳が見えた!
でも、この先どうなんかなぁ。。。快晴のはずだったんだけど・・・なんでだ!?

180311sgm009.jpg
さぁ、噂通りの急登の始まりです。

180311sgm010.jpg

180311sgm011.jpg

180311sgm013.jpg
いやはや、聞きしに勝るひたすら急登を登る山でした!ほとんど傾斜が緩むところが無い(^_^;)

180311sgm012.jpg
谷川岳を見ながら、写真撮りながら足が進まないんじゃないか?な~んて思ってたんだけど
これですからねぇ・・・おかげで急登を黙々と登ることができましたけどね。

180311sgm014.jpg
いよいよ、山頂方面は濃いガスで何も見えなくなり、挙げ句に雪がチラついてきたし。。。

180311sgm015.jpg
谷川岳が見たくて来たのに~(T_T)

180311sgm016.jpg
雪庇の尾根は、踏み抜き注意です!

180311sgm017.jpg
だいぶ気温も下がってきて、枝には霧氷が。
そしてこの先、ルートで一番の核心部たる斜度40度を超える雪の斜面を登ります。
と、メンバーの1人がピッケルの装備がないという、リーダーの指示不足からの失態があり
ちょっとカリカリになっていたし、登ることはできても安全に下山させられるか?とちょっと迷い。
ただ、十分にクランポンの前爪が効く状態なことも確認して、安全に下山できると判断。
登ることにしましたが、残念なことに、あたり一面ガスって真っ白で写真は無しです。

180311sgm018.jpg
核心部を登りきって、少し登ったとことろが山頂でした。
でも、あまりにも山頂っぽくなくて、先着の方に『ここって、もしかして山頂ですか?』と聞いてしまった(^_^;)
花火星人だけかと思ったら、あとから来た人たちも聞いてる人いっぱいいたけどね。
まぁ、とりあえず無事に山頂到着です。

180311sgm019.jpg
ありがたいことに、山頂はほとんど風もなく寒くなかったので宴会開始です♪

180311sgm020.jpg
周りの人達と『おかしいよね~、晴れるはずなのに・・・』と話をしていると、ちょっと太陽が!
みんな『おぉ~!』ですが、すぐにガスが・・・orz

お~い、晴れはどこにいっちゃったんだ。。。

関連記事
スポンサーサイト
2018.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/2873-bdd98d11