明けて新年、元日の朝です。
泊まりでの山行の醍醐味は、やっぱりご来光だと花火星人は思うわけです。
ましてや、朝日に照らされる富士山も見放題ということでおめでたいことこの上なし!
これこそが、今回の年越し山行でここを選んだ大きな理由です。

190101dbs022.jpg
当然だんだんと明るくなってきて色も変化してくるわけですが
同じような写真が多いことを、どうかお許しいただきたい(^_^;)

190101dbs023.jpg
隣の熊沢山の上に、月が輝いています。

190101dbs024.jpg
そういえば、前の週はあの反対側で夜明けを待ってたわけですな~

190101dbs025.jpg
東の空、ちょっと雲が高いかなぁ。山梨県周辺は雲ひとつ無いんだけど。

190101dbs026.jpg
さぁ、だんだんといい色に

190101dbs027.jpg
空も富士山も染まってきました。
ちなみに、気温は氷点下10℃でございます♪

190101dbs028.jpg
雲の下、ピカっと光ってるのわかります?東京湾に朝日が反射してます。
さぁ、もう秒読みです。

190101dbs029.jpg
キ、キ、キ、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

190101dbs030.jpg
振り返ると、モルゲンロートの南アルプス。

190101dbs031.jpg
おめでたい!

190101dbs032.jpg
気温そのものは変わってないと思うけど、やっぱり日光が当たると暖かい(*^^*)

190101dbs033.jpg
今年も山に行くゼ~!!

190101dbs034.jpg
しつこく南アルプス。こんな近くで南アルプスを見れることはあまりないからね
右から、甲斐駒、栗沢山~アサヨ峰、仙丈ヶ岳、鳳凰三山、北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳

190101dbs035.jpg
荒川三山、赤石岳、一番尖ってるのは聖岳

190101dbs036.jpg
だいぶ明るくなって赤みもなくなってきたので、小屋に戻って朝食にします。

190101dbs037.jpg
下山の前にもう一度大菩薩峠で記念撮影。
おっとっと!下山じゃなかった(汗
大菩薩嶺の山頂、まだ行ってなかったよ(^_^;)
これから山頂稜線を山頂まで。そして、唐松尾根を下山します。

190101dbs038.jpg
まぁ、あまりにもこんな景色なので足が進まないわけですが

190101dbs039.jpg
南アルプスも美しい

190101dbs040.jpg
あの向こうが山頂です。

190101dbs041.jpg
いや~、カメラが止まらんw
足は止まるwww
もっと広角なレンズも持ってくればよかったなぁ。。。と少し後悔

190101dbs042.jpg
ニヤけた顔を見せてやりたい

190101dbs043.jpg
さぁ、雷岩を越えて

190101dbs044.jpg
樹林帯の中を10分ほど進むと・・・

190101dbs045.jpg
眺望ゼロの山頂へようこそw
記念写真撮ったら、さっさとズラカリます。

190101dbs046.jpg
富士山バックにジャンプなんて、なかなかできないからね~。
何度撮ってもタイミングが揃わないのは、なんとかならんものか。。。

190101dbs047.jpg
富士山に向かって下山

190101dbs048.jpg
あっという間に、上日川峠に下山完了。
ここから帰宅までが長いから、山はこのくらいで(^^)

190101dbs049.jpg
あ~ぁ、ひどい状態になってるよ。。。これ、泥や砂でなくて塩です・・・

帰りは中央道の上り線なんて通ったら渋滞でとんでもないことになるので
雁坂トンネルを通って関越道花園ICへ。まぁまぁスムーズでした。


参加者各位、お疲れ様でした。


実は帰宅後、メンバー4人中3人(花火星人含む)が体調不良となり
ボロボロな新年を迎えることになろうとは、この時いったい誰が予想できただろうか?!
ちなみに、花火星人は1/2~1/3と寝たきりだぜ(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト



2019.01.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3035-ed93aff3