この年末年始はけっこう休みが長かったんで、『山に行きまくりだぜぇ!』と思ってたら
なんと、この弥彦がようやく新年2回めの山で、なおかつ休み中の最後の山とは
全く思ってもみない展開なわけだが。。。

年越し山行メンバー4人の中で、花火星人は帰ってきてから熱を出して1/2-3寝たきり
リーナさんとFuuさんは吐きっぱなしで何も食べれずダウンっていう。。。
どうも腹にくる風邪が流行っていて、皆んなそれなんじゃねーか?と。
そして、ようやく復活したと思ったらもう休みが終わり・・・orz

190106yhk001.jpg
弥彦名物玉兎(粉菓子)のかわいい看板。
菓子そのものは、個人的にはさほど美味しいと思わないんだけど(^_^;)

190106yhk002.jpg
冬山は自己責任。そういえば、1年前に弥彦で死亡事故がありましたね。
まぁ、冬に限らず山は自己責任なわけですが。

190106yhk003.jpg
登り始めこそ泥だったりしたけど、5合目くらいになると登山道にも雪が増えて
なおかつ凍ってきました。

190106yhk004.jpg
6合目からチェーンスパイク装着です。
これ、歩きやすくていいわぁ。道具って、進化するよね。

190106yhk005.jpg
里見の松だったっけ?

190106yhk006.jpg
靄がかかっているようなところは、がっつりと雪が降ってるところです。

190106yhk007.jpg
サクサク進みます。

190106yhk008.jpg
山頂レストハウスがもうすぐ。まもなく9合目、山頂稜線に出ます。

190106yhk009.jpg
五頭や菅名岳、白山方面は見えませんねぇ

190106yhk010.jpg
9合目到着。いきなり風が出てきて気温が下がります。

190106yhk011.jpg
佐渡は見えないね

190106yhk012.jpg
ドライフラワーのアジサイ(*^^*)

190106yhk013.jpg
山頂到着~♪と思ったら

190106yhk014.jpg
なんと、西生寺の方から登ってきたリーナさんとちょうど鳥居のところでバッタリ!
何の打ち合わせもしてないのに、しかもお互い同じコースで登りと下りとかでなく
別々のコースの合流地点でバッタリ!とは、なんたる偶然。
彼女も年越し山行から帰ってきてから吐きぱなしでダウンしていて、
ようやく復活して弥彦に来たと。

190106yhk015.jpg
山頂から妙高方面。いや~、雪が全く無いね

190106yhk016.jpg
復活記念w

190106yhk017.jpg
多宝山

190106yhk018.jpg
青空とアンテナ

190106yhk019.jpg
寒いのでさっさと下山(^^)

190106yhk020.jpg
水場のあった氷の芸術

190106yhk021.jpg
カエデ?

190106yhk022.jpg
下山はあっという間

190106yhk023.jpg
さすがは、越後一宮。初詣客がた~っくさん。

190106yhk024.jpg
久しぶりに弥彦の温泉街をお散歩してたら、面白いのを発見!

190106yhk025.jpg
なかなか侮れない美味しさ(*^^*)
弥彦にいらしたら、一度お試しあれ。米納津屋の向かい側あたりのお店です。

さぁ、今年も張り切って参りましょう。

関連記事
スポンサーサイト



2019.01.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3036-9b69d8b1