3/2
この日も、新潟県内含めて広く晴れ予報。
遠くへ遠征の必要もないので、去年行って最高だった浅草岳へ。
メンバーは花火星人、相棒さん、わらさん、リーナさん。
皆んな浅草岳は行ったことは何度もあるけど、雪の浅草岳は初めての
わらさんや相棒さんを連れていきたくてね。

190302ask001.jpg
廃業したホテル大自然館の前が除雪最終地点となっているので
そこにクルマを停めて、スタートです。

190302ask002.jpg
冬ルートの、ヤヂマナ沢とムジナ沢の間の尾根筋を登っていくんだけど
ツボ足だと朝でも案外潜るので、さっさとスノーシュー装着です。

190302ask003.jpg
ここは、花火星人が勝手に『春の上高地っぽい』と思ってるポイントw
真ん中が吊尾根、右が前穂、下の方にかっぱ橋も見えるでしょ(*^^*)

190302ask004.jpg
やっぱ雪少ないなぁなんて思いながら、樹林帯の中を標高を上げていくと
振り返ったら守門がどーん!と見えてきました。
あっちもたくさん登ってるだろな~

190302ask005.jpg
葉っぱも落ちてるし、積雪のお陰で相対的に木が低くなっているので
杉林を抜けたら、もうずっとこんな景色を楽しみながら登れます♪

190302ask006.jpg
あまり期待してなかったんだけど、前日から今朝にかけて積雪があったようなのと
少し冷え込んだようで、霧氷が出てきました!そして空は快晴!!!

190302ask007.jpg
これは、予想した以上に霧氷がある!

190302ask008.jpg
ブナの大木を見上げると、こ~んな感じ

190302ask009.jpg
幹がすべすべの、美人さんのブナがたっくさんで思わず抱きついて頬ずりしちゃう。

190302ask010.jpg
沢を挟んで隣の尾根に、桜ゾネの登山口が見えます。
2時間登って、登山口ww

190302ask011.jpg
けっこうな急登だけど、その傾斜さえも嬉しくて楽しくて仕方ない。

190302ask012.jpg
お!あのトンガリは嘉平与ポッチだな。あのてっぺんで、夏ルートと合流します。

190302ask013.jpg
右を見ると、あの険しい山容は毛猛山ですね~。
夏道の登山道は無く、積雪期限定の山です。

190302ask014.jpg
もう、視界を遮るような大きな木はありません。

190302ask015.jpg
ヒメサユリツアーで歩いた、六十里からのルートがあの稜線。
大きくなだらかな山は、北岳ですね。

190302ask016.jpg
尾根というより、雪原のようになってきました。

190302ask017.jpg
嘉平与ポッチの向こうに、前岳が見えてきた。

190302ask018.jpg
ピークを少し巻いたところから、前岳。
ずいぶんと近くなったけど、もっともっと楽しみたいから、まだ着かないでくれ。

190302ask019.jpg
トラバース気味に下ってきたけど、ここがどんな場所かと言うと・・・

190302ask020.jpg
こーんなすごい雪庇のところを歩いています。

だいぶ山頂が近くなってきました、見えないけど。
登り始めて、3時間20分くらいでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



2019.03.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3062-1d3873af