登山者駐車場から、朝5時出発。
晴れ予報だけど、山の上はガスってる。だんだん晴れてくることを期待して。

190502kmksm001.jpg
登山口にあるキャンプ場を抜けて、ここが事実上の登山口だね。

190502kmksm002.jpg
夜明けも過ぎて、明るくなってきたよ。

190502kmksm003.jpg
これは、アリドオシですかね

190502kmksm004.jpg
ガスの中から、朝日~

190502kmksm005.jpg
この花がけっこう多かったね。
タツナミソウだと思うんですが・・・

190502kmksm006.jpg
絶景、期待したんですがね~。。。

190502kmksm007.jpg
仙人洞なんていう洞窟があり

190502kmksm008.jpg
やっぱり南国的というか、花火星人が知ってる山のどこにも似てないね。

190502kmksm009.jpg
プチ岩場

190502kmksm010.jpg
9合目通過。上に行くほどガスってる気がする。。。
そして、ものすごい湿度で汗が滝のようです

190502kmksm011.jpg
山頂まで52mって(^_^;)
そんな細かく刻まんでも

190502kmksm012.jpg
山頂到着しました~!!
令和1座め、そして記念すべき九州1座めは鹿児島の開聞岳。
う~む、山頂に着いたらぱ~っとガスが晴れるんじゃないか?と期待したけど
なかなかしぶとい感じ。狭い山頂には、たくさんの人が同じ思いで晴れ待ちしてます。

190502kmksm013.jpg
前日の鹿児島市内観光で、mont-bell鹿児島店に寄って買ったKAGOSHIMA仕様のTシャツ

190502kmksm014.jpg
山頂直下の御嶽神社。
山頂でしばらく晴れ待ちしようかと思ったんだけど、滝のように汗かいてびしょ濡れで
そこに風速10mクラスの風が吹いてて、滞在時間15分が限度でした。。。
防風防寒の上着などはいろいろ持ってったから、ありったけ着込めばもう少し
滞在も可能だったけど、ここで無理して体調崩したら元も子もないので下山決定。
『また来ればいいさ!』とはなかなか言えないけどね。

190502kmksm016.jpg
下山すると晴れてくるのが、山あるあるですね。
長崎鼻と海が見えてきました。でも、スカっと晴れてる感じでもないなぁ。

190502kmksm015.jpg

190502kmksm017.jpg

190502kmksm018.jpg

190502kmksm019.jpg
開聞岳の花たち。開聞岳って、新・花の百名山なんですってね。

190502kmksm020.jpg
無事、下山完了

190502kmksm021.jpg
開聞岳は、薩摩富士の別名がありますね。

190502kmksm022.jpg
下山後、次の目的地に向かって移動中、池田湖の湖畔からお花畑越しの開聞岳

190502kmksm023.jpg
どんどんと走行距離が増えてるMyマッスィーンですが(^_^;)
まぁ、そもそもこういう用途の為にこのクルマを買ったわけですから。
このクルマを選んだ理由は、第1に高い安全性(アクティブセーフティ&パッシブセーフティ)
第2に長距離を走っても疲労が少ないこと。第3に横になって足を伸ばして車中泊できることです。

九州編、しばらく続きます。
お付き合いよろしくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト



2019.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3100-aa6264b6