更新に時間がかかっております(詫


5/3朝、阿蘇市の道の駅波野で新潟レディースと合流!
リーナさんとFuuさんは、4/27(土)に出発して奈良~和歌山~四国を巡って
5/2の夜にフェリーで九州に上陸して、道の駅波野へ。

なんと、九州の地で新潟チームジョイント山行となりました。
ジョイント山行は、くじゅう連山です。
※まぁ、もちろん、花火星人の出発後に連絡を取り合ってタイミング合わせたわけですが。
190503kujuaso0001.jpg
夜明けのくじゅう連山。
思わずクルマを路肩に停めて、皆んなで撮影タイム。
次はいつ来れるかわかりませんからね~

190503kujuaso002.jpg
登山口の牧ノ戸峠に到着。
駐車場に入り切らないクルマが、路肩にあふれてる(汗
もちろん、我々も路肩に(^_^;)

190503kujuaso003.jpg
さぁ、出発しま~す。

190503kujuaso004.jpg
すぐ隣とも言える阿蘇山が激見えです。
阿蘇山のその姿は、お釈迦様の涅槃像とも言われていますね。
もちろん、左側が顔ね。

190503kujuaso005.jpg
登山ルートのほぼ全域で、この雄大な阿蘇山を眺めながら歩けます。

190503kujuaso006.jpg
最初のピークの沓掛山

190503kujuaso007.jpg
山には大量の馬酔木が咲き乱れて、甘い香りがしていました。

190503kujuaso008.jpg
今年初のイワカガミ

190503kujuaso009.jpg
扇ヶ鼻分岐を過ぎ、左手に星生山を眺めながら。
あちらへ向かうルートもあって後に合流するので、時間があればね~

190503kujuaso010.jpg
ここを下ると久住分れ。
目の前にどど~んと聳えてるのが、久住山です。

190503kujuaso011.jpg
イワイワです。(これはルートじゃないけど)

190503kujuaso012.jpg
久住山避難小屋のある久住分れまで、が~っと下ります。

190503kujuaso013.jpg
その先は、火山らしいガレ場の登りとなります。

190503kujuaso014.jpg
あのケルンが山頂かと思ったら、山頂はアレのもう少し先

190503kujuaso015.jpg
阿蘇山を見下ろす高さまで上がってきました。

190503kujuaso016.jpg
さぁ、もう秒読みです!

190503kujuaso017.jpg
令和3座め、九州3座め、そして記念すべき新潟チームジョイント山行の山は久住山!!
山頂到着は9時。朝の雲もほぼなくなって、素晴らしい青空のタイミングばっちり!

190503kujuaso018.jpg
お釈迦様の涅槃像&花火星人の涅槃像w

190503kujuaso019.jpg
山頂からは、稲星山を通り東千里ヶ浜へ

190503kujuaso020.jpg
坊がつる讃歌の坊がつるですね~。
次に来る時は、法華院温泉山荘に泊まって温泉ってのがいいなぁ。

これの前の写真くらいから山が枯れ木に覆われているように見えますが
よく覚えておいてくださいね。

190503kujuaso021.jpg
分岐から15分位登っていくと・・・

190503kujuaso022.jpg
着きました

190503kujuaso023.jpg
ここが九州最高地点、くじゅう連山の中岳(1791m)です!!!
今、九州のてっぺんに立ってるぜ~~~~

190503kujuaso024.jpg
坊がつるのテン場と、その向こうに平治岳。さらに遠くのカッコイイ双耳峰は、由布院の由布岳。

190503kujuaso025.jpg
三俣山ですね~

190503kujuaso026.jpg
下山ルートは、御池のほとりを歩きます。

190503kujuaso027.jpg
いつまでも歩いていたくなる、気持ちいい稜線歩き。

この辺までの写真で、山々が枯れ木に覆われてる感じに見えるでしょ?
これ、もちろん枯れ木ではなくって全部ミヤマキリシマの木です!
っていうことはですよ?花が咲く時期には山全体がピンク色に染まるってことだよね。
見頃はまだ1ヶ月以上先でGWとはタイミング合わないけどね。。。
いつか、見に来たいものですな~。

ミヤマキリシマ開花情報はこちら←

190503kujuaso028.jpg
御池

190503kujuaso029.jpg
ケルンを積むリーナさん

190503kujuaso030.jpg
最後のピークの沓掛山への登り

190503kujuaso031.jpg
ちょうどお昼に、無事下山しました~。お疲れ様でした。
レディース2人は、これから帰宅の途に。花火星人は次の山に向かうためここでお別れです(涙

いや~、くじゅう連山ホント素晴らしかった!!
時間の制約無しに、2日くらいかけて歩き尽くしたかったなぁ・・・
また来たい!また来たい!また来たい!

九州の山、まだ続きますよ。

関連記事
スポンサーサイト
2019.05.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3102-05d74221