イイデリンドウの蕾
これが咲いてるのを見たかったんですけどね~。

190706iid088.jpg

190706iid089.jpg
山頂周辺のチングルマを見ながら、小屋へ戻ります。

ちなみに、本山小屋は小屋内撮影禁止と書いてあります。
なので、小屋内の宴会画像はありませ~ん(^_^;)

宴会中は小屋の周りはず~っとガスの中でしたが、30分ほど奇跡的に晴れました!

190706iid091.jpg

190706iid093.jpg

190706iid094.jpg

190706iid096.jpg

190706iid097.jpg
花火星人は見れなかったけど、ブロッケンの出てたみたいですよ。

そして、飯豊の夜は更けてゆく・・・



190706iid099.jpg
明けて翌朝。不幸中の幸いで、降ってはいませんが。
登ってきたルートを、そのまま下山します。

190706iid100.jpg
ガスガス~

190706iid101.jpg
たっぷりと水滴の着いた、ヒナウスユキソウ。
もう、辺りは湿度1000%!?ってくらいで、降ってなくてもびしょ濡れです・・・

190706iid102.jpg
一瞬だけ晴れた!!!でも、ほんの5秒くらい
そのあとは、もう一瞬たりとも青空はありませんでしたが、この日の新潟は
どこまでも見えるほどの大快晴で、飯豊の上だけが厚い雲だったようです。。。

190706iid104.jpg
御秘所の岩場は、濡れて滑るので気をつけて。

190706iid103.jpg
ウスユキソウの畑状態

190706iid105.jpg
姥権現にもお別れして

190706iid107.jpg
ダイモンジソウ

190706iid108.jpg

190706iid109.jpg
雨だからか?こんな奴らも現れた。

190706iid110.jpg
こういうのは、この天気だからこそですな。

190706iid111.jpg
本山小屋から1時間ちょっとで切合小屋。
風も強いし、雨も降ってきた。

190706iid112.jpg
雪渓の下りは、登りよりも要注意。
さらにガスで先が見えないから、道迷い遭難注意です!

190706iid113.jpg
本山小屋を出発して、ちょうど3時間。地蔵岳到着。
このあたりまで来ると、ようやく終わりが見えてきた気がするね。

190706iid114.jpg
ベニサラサ

190706iid115.jpg
今まで何度聞いても何故か覚えられなかったツクバネソウ。
今度こそ覚えたと思う(^_^;)

190706iid116.jpg
気の早い紅葉??

190706iid117.jpg
ザンゲ坂の上に生えてた木。この幹、見て~

190706iid118.jpg
この鎖場を下れば、もう着いたようなものです。

190706iid121.jpg

190706iid120.jpg
お疲れ様でした~。
下りは、もう黙々と下ったので5時間20分でした。

帰り道、小国経由でも西会津経由でも家までの所要時間はほぼ同じだけど
リーナさんのクルマ置き場の関係で、来た時と同じく小国経由で帰ります。
ただ、温泉が関川村まで無いのよね~・・・

190706iid122.jpg
で、今回の温泉は関川村の雲母温泉(きらおんせんと読みます)の温泉旅館にて。

190706iid123.jpg
リーズナブルだし、清潔だし、空いてるし、かけ流しだし、もう言うことなし!!!

190706iid124.jpg
そして、国道沿いのドライブイン的な食堂(レストランじゃなくて食堂ね♪)で
がっつりと肉を補給(*^^*)

花火星人初の飯豊は、いろいろと宿題の残った飯豊でしたが
また行く理由ができて、それはそれでいいんじゃない?(^^)


もちろん、また行くよ飯豊。次は違うルートにしようかな~

関連記事
スポンサーサイト



2019.07.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3127-f7240ff7