フップシ岳が近い。
去年行った樽前山の隣にもフップシ岳ってのがあって(そっちは風不死岳と漢字)
まぁ、新潟にも湯沢に大源太山ってのが至近距離で2つあるしね(^_^;)

190725mak032.jpg
6合目にくると・・・

190725mak033.jpg
とうとう降り出しやがった。。。

190725mak034.jpg
ななごうめ

190725mak035.jpg
降ってるとは言っても、ザックカバーと上着を羽織る程度だけど
夏山でカッパって、結局暑くて汗で濡れちゃうからなぁ
GORE-TEXだろうがエバーブレスだろうが、あまり変わらない。

190725mak036.jpg
砂礫地帯に咲く、メアカンキンバイ

190725mak037.jpg
同じく固有種の、メアカンフスマ
鳥海山のチョウカイフスマの母種にあたるのだそうです。

190725mak038.jpg
はちごうめ

190725mak039.jpg
雨はほとんど止みました。

190725mak040.jpg
砂礫地帯にメアカンフスマの株が、目を楽しませてくれます。

190725mak041.jpg
きゅうごうめ

190725mak042.jpg
山頂の火口の縁に出たようですね~
赤沼だろうか?

190725mak043.jpg
適度に風もあって、快適なお鉢巡り的な・・・?

190725mak044.jpg
まぁガスってはいるけど

190725mak045.jpg
それでも、もうもうと噴気を上げる活火山の荒々しさは迫力満点です。

190725mak046.jpg
山頂到着!後ろに見えるのは、大きな中マチネシリ火口

190725mak047.jpg
今年の北海道フェス、初日に乾杯!

190725mak048.jpg
山頂は貸し切り!!

190725mak049.jpg
さぁ、下山しましょ

190725mak050.jpg
登りよりさらにガスってる感じ

190725mak051.jpg
雨はあがったので、カッパ着なくていいぶんだけマシだけどね。

190725mak052.jpg
樹林帯の中に、登りでは見つけなかったハクサンシャクナゲを発見

190725mak053.jpg
下山はあっという間でした~♪

190725mak054.jpg
お疲れさまでした(*^^*)

190725mak055.jpg
さ~、風呂風呂。もちろん、登山口にある野中温泉へGo!
野趣あふれる、素晴らしくいいお湯でした。
あれだけの火山の麓なんだから、そりゃいいお湯に決まってるよね。

風呂入ったし、腹も減ったぜ~!ってことで・・・
阿寒湖の近くで晩ごはん

190725mak056.jpg
看板に釣られて、こんなお店に寄ってみました。

190725mak057.jpg
鹿丼!!!
花火星人の少ないボキャブラリーで表現できないような、ただただ美味い!
直接、契約猟師さんから鹿を仕入れているんだそうです。

2日目の山への活力も補給できたし、泊地へ移動です。


初日編、おしまいです。
関連記事
スポンサーサイト



2019.08.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3137-16463fc0