ここから山頂までは、ガレ場というか岩場というか
アルプスの稜線歩きのような雰囲気となります。
北海道の2000クラスは、内地の3000クラスと同じと言われるけど
まさしく、そんな感じ。



190727shr050.jpg
ウメバチソウかしら?

190727shr051.jpg
爆風の山頂へようこそw
そして貸し切り~

190727shr052.jpg
と思ったら、外国人カップルが『カゼガツヨイデース!』と言いながらやってきました(^^)

190727shr053.jpg
爆風の山頂から、少し三井方面へ移動した木の陰で宴会開始です。
地べたに座ったらそんなに風も無いし、もしパ~っと青空出たら
すぐに山頂に行けるように、近くで待機w

190727shr054.jpg
宴会終わってもなかなか青空が出てくれないので、貸し切りの山頂で遊んでました。

190727shr055.jpg

190727shr056.jpg
山頂でギリ青空と言えるのは、この2枚かな~(*^^*)

190727shr057.jpg
貸し切りなので、これも山頂でバッチリ!

さぁ、下山しましょうかね。

190727shr058.jpg
風で飛ばされないよう、注意です。

190727shr059.jpg
山頂を振り返り。下山した途端、山頂晴れたりしないだろうなぁと(^_^;)

190727shr060.jpg
今回の山行で、初めて見たかも?のイチヤクソウ

190727shr061.jpg
予定通り、上二股から新道へ

190727shr062.jpg
ハイマツの稜線を歩いて、熊見峠へ。この日一番気持ちいい稜線ですな~

190727shr063.jpg
斜里の町と、その向こうはオホーツク海。
下界は予報通りの晴れのようです。

190727shr064.jpg
山頂は、濃いガスの中。標高1800くらいから上にず~っと雲があるようです。

190727shr066.jpg
熊見峠到着。と、ここで下山する方向からクマの唸り声のような音が聞こえて(@_@)
ちょっと長めの休憩。その間に、大きな声で喋ったり熊鈴を鳴らしたりしながら。
なんたって、今いる場所はその名も熊見峠ですからな~

190727shr067.jpg
だんだんと青空の割合が増えてきた(^^)

190727shr068.jpg
ミソガワソウの花畑

190727shr069.jpg
渡渉で靴を洗うヒト

190727shr070.jpg
完全に晴れ。
でも、やっぱり水があるとそれだけで涼しい感じがするよね。

190727shr071.jpg
着きました~。

190727shr072.jpg
無事下山!お疲れさまでした。

190727shr073.jpg
車中泊のため、パパスランドさっつる到着。やっぱり斜里岳の上にはガス。
どこからどう見ても山帰りなので、いろいろ話しかけられました。
殆どが『明日斜里岳に行く予定なんだけど、沢の水が増水してないか?』ってこと。

190727shr074.jpg
道の駅、パパスランドさっつる最高です!
ここは、車中泊どうぞどうぞという道の駅で、お風呂はあるしレストランはあるし
なんと道の駅の隣にコインランドリーまであるんです~。

で、お風呂あがってからレストランで打ち上げです~。
いちおう、最初の予定した3座に行くことができたので、翌日最終日をどうするか
酔っ払ってしまう前に打ち合わせをしながら、夜は更けていきます。


3日め編、おしまいです。

関連記事
スポンサーサイト



2019.08.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3148-d5c0c48f