そのドラマは、1本の電話から始まった・・・




夜明け前のリビングで鳴る、花火星人のスマホ。
『ん~?目覚ましが鳴ってるのか・・・?いや、この音は電話の着信だなぁ。
こんな時間にいったい誰?・・・ん?こんな時間って。。。』寝ぼけた頭で考えること数秒。
『あーーーっっ!!!!!』と飛び起きて時計を見ると、時刻は4時20分。
Fuuさんが我が家に来て、クルマを乗り換えて出発する予定時刻は4時だ!
もちろん、電話を鳴らしていたのはFuuさんだった。
さらに、わらさんとリーナさんをピックアップする時刻は4時半でここから30分かかるし。。。


朝3時に目覚ましで起きたんだ、間違いなく。でも、寝た・・・orz
『どうしよう!?!?!?』起きてから仕度しようと思ってたから、パッキングも何もしてないし
シーズン初の雪山だから、忘れてはならないギアもたくさんある。。。
とりあえず、Fuuさんに『申し訳ないがもう少し待ってて欲しい』と電話したあとに
わらさんとリーナさんにも遅れる旨を連絡して、バタバタと仕度を開始。

かくして、予定より50分遅れの4時50分に花火星人のアジトを出発して、
わらさんリーナさんをピックアップして、日光白根山の菅沼登山口へ。

191208nss000.jpg
でも、神は見捨てなかった!
花火星人の読みでは、朝早くよりも少し遅めの時刻の方が晴れてきそうだったから
大荒れの新潟県を抜けると、空はどんどん晴れてきた。

191208nss001.jpg
できたばかりの道の駅で、トイレ休憩

191208nss002.jpg
そして、菅沼登山口に到着すると、さらに空は青の割合を大きくしていくのでした♪
でも、だからって寝坊して遅刻はダメよ~、ダメダメ。
関係者各位、ご迷惑おかけしました。以後気をつけます。。。

191208nss003.jpg
ようやく来れました。冬の菅沼登山口
雪の時期に来たかったのに、厳冬期は金精道路が春まで通行止めになるから
通行止めになる前の今しかないっていう、期間限定メニューとなります(*^^*)

191208nss004.jpg
もうスタートからこの空の青で、皆んな既にテンションMaxです!
今回は、花火星人、わらさん、リーナさん、Fuuさんの4人。
リーナさんとFuuさんは、日光白根山そのものが初だし
花火星人とわらさんも、このコースは初。そりゃテンション上がりますがな。

191208nss005.jpg

191208nss007.jpg
登り始めからしばらくは深い樹林帯だけど、木漏れ日が嬉しいね。

191208nss006.jpg
ぷちクリスマスツリー

191208nss008.jpg
頭上が開けて、青空キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

191208nss009.jpg

191208nss010.jpg
朝の光に、白い枝が輝いてる。

191208nss011.jpg
おぉ!何やら、この先は開けていそうです。

191208nss012.jpg
WHITE&BLUEに、もう足が動きません(^_^;)

191208nss013.jpg
歩き出して2時間足らずで、弥陀ヶ池到着。
山頂には雲ひとつかかっていませんよ(^^)

191208nss014.jpg
弥陀ヶ池はまだ完全結氷とはなっておらず、これ以上下がるとズボっといきそうです。

191208nss015.jpg
ここで、休憩を兼ねて装備変更。この先は登りがキツくなりそうなので、アイゼン装着。
無理にいらない気もしますが、ピッケルも出しました。
今シーズン初のフル装備なので、撮ってもらいました(*^^*)

191208nss016.jpg
山頂直下の斜面に取り付いている登山者がたくさん見えました。

191208nss017.jpg
樹林帯は、あとはこの辺りだけとなります。

191208nss018.jpg
アナ雪の世界を抜けると・・・

191208nss019.jpg
この先は、もう樹林帯はありません。日光連山が見え始めましたよ。

191208nss021.jpg
でも、やはり風も強くなってきたしましてや日陰は寒いです。
花火星人は下の休憩の時にハードシェルを着ましたが、レディース陣もここで着用。
さすがに、ソフトシェルではキツイからね。

191208nss022.jpg
見下ろすと、登山口付近の菅沼や弥陀ヶ池が眼下に。

191208nss023.jpg
鬼ヶ島のような岩をバックに、岩と雪のミックス斜面を登ります。

191208nss024.jpg
さぁ、いよいよ秒読みです!

191208nss025.jpg
登り始めて3時間ちょっと。無事に山頂到着!
夏は撮影待ちになるほど混雑する山頂なんですが、ちょうど貸し切りでした♪

191208nss026.jpg
花火星人、ここが好きなんだよね~(^^)高度感ハンパない!
バックは、日光連山と男体山、そして中禅寺湖。


つづく

関連記事
スポンサーサイト



2019.12.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3218-4ef635e6