FC2ブログ

こないだ半日休日出勤の振り替えで、午後から休みの平日。

昼からじゃ行けるとこもたかが知れてるので、お花の視察に弥彦へ。
平日だってのに、細い道を上がっていった駐車スペースは満車(汗

実は、今週末東京からお客様をお迎えしてフラワートレッキングのガイドの予定で
いろいろと、どの山のどのコースがベストか考えていて、それの確認も兼ねて。
※なんだけど、週末の天気状況で残念ながらガイドツアーは中止に。。。(T_T)

200312yhk001.jpg
滝の下からスタートです。

200312yhk002.jpg
水の中には、ポトリと落ちた椿の花。
お見舞いには持って行かないほうがいいとされるのは、こういう事ですな~

200312yhk003.jpg
いよいよ、カタクリが咲き始めて春本番という感じです。

200312yhk004.jpg

200312yhk005.jpg

200312yhk006.jpg

200312yhk007.jpg
あまり余計な注釈つけず、お花の写真を中心にまいります。

200312yhk008.jpg
あまり新潟には無い、真っ青な空。

200312yhk009.jpg
これ、花火星人が何を伝えたくて撮ったかわかりますかねぇ・・・
登山道の横の斜面に、たくさん花が咲いています。そしてそこに踏み跡。
そして、『そっちに踏み込まないで』という意味の枝が敷いてあります。
当然、踏み跡になっているところも、元々はたくさん花が咲いてたんです。
こんなとこが、1箇所や2箇所じゃありません。それこそ無数に。。。

ほとんどが、スマホを持ったジジババ(だけじゃないけどさ)が踏み荒らしています。
遠くから『きれいね~』って眺めてろよ!どうしても写真に収めたいなら、スマホじゃなくて
まともなカメラもって来やがれってんだ!
先人たちが大事に守ってきてくれたから、今我々がこうして楽しめてるのがわからんのか?
このきれいな花の山を後世にも残したいって気持ちが、老い先短いヤツらには無いのか??

おっと、ちょっとエキサイトしてしまったけど、花火星人は実際にそういう連中を見たら
できるだけ声をかけています。自分の親みたいな人に逆ギレされることも数しれずだけどね。


愚痴はこのくらいにして、お花を愛でましょうかね。

200312yhk010.jpg

200312yhk011.jpg

200312yhk012.jpg

200312yhk013.jpg

200312yhk014.jpg

200312yhk015.jpg

200312yhk016.jpg

200312yhk017.jpg

200312yhk018.jpg

200312yhk019.jpg

200312yhk020.jpg

200312yhk021.jpg
こんなきれいな花たちを、自分の子供や孫の世代にも残していこうよ。

200312yhk022.jpg
輝く日本海。気温が上がったせいか、遠くは霞んでしまってるけどね。

200312yhk023.jpg

200312yhk024.jpg
同じような色味の、かたや雪割草。かたやキクザキイチゲ

200312yhk025.jpg
山頂が見えました!でも、見上げただけで今日は山頂は行きませ~ん(*^^*)

200312yhk026.jpg

200312yhk027.jpg

200312yhk028.jpg
山頂へは行かず、周回コースで下山します。

200312yhk029.jpg
ケマンなのかエンゴサクなのか、教えて~

200312yhk030.jpg

200312yhk031.jpg

200312yhk032.jpg
下りのコースには、カタクリがたっくさん!

200312yhk033.jpg
椿ロードを抜けて

200312yhk034.jpg
無事下山、お疲れ様でした~

関連記事
スポンサーサイト



2020.03.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3266-52af2f59