雪が消えて間もない斜面には、春の訪れを表すカタクリがたくさん!

200530dgt026.jpg
キクザキイチゲや

200530dgt027.jpg
ミネザクラなど、ここは今まさに春が来たところですね~

200530dgt028.jpg
七ツ小屋山の山頂の向こうには、荒々しい谷川岳

200530dgt029.jpg

200530dgt030.jpg
花の稜線は、ホントに花を踏まないで歩くのが大変です。

200530dgt031.jpg
大源太山からおよそ1時間ほどで、七ツ小屋山に到着。
ここは、いわゆる谷川連邦馬蹄形ルートの一角です。

200530dgt032.jpg
さぁ、宴会宴会(*^^*)

200530dgt033.jpg
山頂の花とともに

200530dgt034.jpg
山頂を出発すると、すぐに雪が現れた!テンション上がるよね~。
特に、今年は残雪を楽しむ時期に外出自粛だったから、なおさら

200530dgt035.jpg
ここは、春の花がたくさん

200530dgt036.jpg
こちらがわの縦走路は、ここまでと全く違う山ですね。

200530dgt037.jpg
シラネアオイロード

200530dgt038.jpg
ぐる~っと回り込んできて、歩いてきたルートがよくわかります。

200530dgt039.jpg
山頂へ突き上げる登山道がわかるでしょうか?
蓬峠との分岐となるシシゴヤノ頭からは、延々と長い下りになります。

200530dgt040.jpg
今年初のツバメオモト

200530dgt041.jpg
森の緑にツツジの赤が映えますね。

200530dgt042.jpg
こちらも、今年初のサンカヨウ
ギリで間に合った感じ。

200530dgt043.jpg
いや~、暑い暑い!
喉かわいたね~なんて言ってたら、わらさんの魔法のザックから
なんとイチゴ登場!花火星人、果物の中ではイチゴが一番好きなんです。

200530dgt044.jpg
無事に、分岐まで帰ってきました。

200530dgt045.jpg
最後の渡渉を越えて

200530dgt046.jpg
皆んな大好き、ギンリョウソウ(^^)
こんなにたくさんあったのに、なんで登りの時に気づかなかったんだ??

200530dgt047.jpg
無事下山です~

お疲れさまでした。

関連記事
スポンサーサイト



2020.06.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/3315-32ba4532