去る2月4日に加茂の猿毛山で遭難されたWさんですが、昨日ようやく発見されたもようです。
もちろん、無事にということではないから、手放しで『よかったよかった』
ではないけど、事故発生以降、再三にわたる県内山関係者有志による捜索活動によって
家族の元へ帰してあげることができたのだから、まぁ『よかった』という事なのでしょう。
花火星人もできれば捜索に参加したかったんですが、その日に限って仕事だったりと
タイミングが合わず、参加できなかったことは残念でした。

あんな標高326mしかないところでも、遭難事故は起きるものなんだ・・・
山へ行って一番大事なことは、無事に帰るということなんだ
痛感させられる出来事でした。
関連記事
スポンサーサイト



2010.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/435-7dfd2316