それでも力士に給料が出る不思議 場所は中止でも影響なし

春場所の中止決定で、日本相撲協会は入場料収入、放映権料、広告収入など
15億円もの損失を被るといわれる。その一方で、力士の懐には、そんなに影響はない。

相撲協会の運営などについて定めた寄付行為施行細則に基づく月給制で、
本場所が中止になっても十両以上の力士には、次の通りの金額が毎月支給
されることになっている。

横綱282万円、大関234万7000円、三役169万3000円、
平幕130万9000円、十両103万6000円。
また、月給のない幕下以下の力士に対し、唯一支給される本場所手当
(幕下で1場所15万円)についても支給される方向だという。

ただ1本6万円(力士の手取りは5万5000円)の懸賞金などの
“ボーナス”はなくなる。
先場所473本の懸賞で2601万5000円を稼いだ横綱白鵬ら、
上位の人気力士は大減収となるものの、その他の力士にとっては
本場所中止のダメージは少ない。



どうなってんだろうね。相撲取りには恨みはないけど、会社が(というか社員が)
不祥事起こして、操業停止や取引停止になってるのに、社員には従来通りの
給料が出るって、おかしいだろ?
関連記事
スポンサーサイト



2011.02.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/732-4cf271ed