FC2ブログ
『ちょっとお出かけ 1』から順にご覧下さいね。
ちょっと下です。


s068.jpg
マイエンフェルトを離れ、隣り町へ行くような感じで
隣国のリヒテンシュタインへ。
この橋を渡れば、そこはリヒテンシュタイン。
外交や国防はスイスが担当してるし、通貨もCHFだし
スイスの町の一つって感じではあるけれども
立派な独立国です。
その歴史を調べてみると、なかなか興味深いですよ。

s069.jpg
首都ファドーツにある、王家のお城。
実は、王様は今は住んでおらず、お隣りのオーストリアに住んでるんだとか。

s0691.jpg
馬の彫刻多し。いや~、それにしても暑い!!
日中の気温は30℃オーバー。日本と変わんないじゃん。。。

s070.jpg
外交をスイスが担当してるので、当然入出国にパスポートは不要なんですが。
せっかく来た証拠として、パスポートにハンコ押してくれます。(有償で!)
まぁせいぜい3CHFなんだけども、きっちり商売してんのな~。

ファドーツの街を散歩したあとは、またスイスに入国して
その昔はスイスの首都でもあったルツェルンへ。

s071.jpg
少し時間があったので、予定には無かったけど、コレを見に。
瀬死のライオン像です。写真では伝わりにくいですが、で~っかいです!
フランス革命において、ルイ16世とマリーアントワネット妃を守って戦死した、
スイス人傭兵786人の慰霊碑。その昔、スイスは国土も狭くさしたる産業も無かったので
諸外国に傭兵として出向き、戦争によっては最前線で戦っているのはスイス人同士(!)
なんてこともあったのだそうです。700年にも渡るスイスの永世中立国としての歴史には
こんな悲しい事が土台としてあって、その上で成り立っているのだなぁと思うと
この像を見て、少し涙が出そうでした。。。
喧しい中国人観光客がいたのですが、彼らのようにこの像をバックに
ピースサインで写真を撮るようなことは、花火星人にはできませんでした。

でも、ここを見ることができて、ホントに良かったです。
ある意味、スイスを知るという意味においては、山岳風景よりも
心に深く焼き付いたように思います。

s072.jpg
とはいえ、少し気を取りなおして。
やはり、ルツェルンといえばこのカペル橋でしょう♪
バックには、悪魔の棲むと言われたピラタス山。
北八ヶ岳のピラタス蓼科は、ここから名前を借りてるんですね~

s073.jpg
逆光だったので、橋を渡って反対側から。
抜けるような青空と、たくさんの花と、風にはためくスイス国旗。
素晴らしいです(*^_^*)

s075.jpg
街にあった時計塔。とにかく、どこを撮っても絵ハガキのような風景です。

s074.jpg
スイス風鯛焼き?う~ん、食べてみたかったけど時間が無く。。。
残念(>_<)



※剱岳ネタと同時進行の為進みが遅いですが、まだまだ続きます・・・^^;

関連記事
スポンサーサイト



2011.09.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://46vale46.blog115.fc2.com/tb.php/870-1151c2f7